教育目標・研究

平成27年度 学校経営の概要                   

1 学校経営の基本方針

教育基本法の精神を踏まえるとともに、島根県・美郷町における教育施策を指針とし、地域社会と児童の実態に即した特色ある開かれた教育の推進に努める。

 

2 学校の教育目標

「ふるさとを愛し、心豊かに、たくましく生きる子どもの育成」

《めざす子ども像(キャッチフレーズ)

「 れもが きいき くわく 大和っ 」

れもが……れもが仲良し やさしい子     (情)

きいき……つも明るい 元気な子       (体)

くわく……かるまで考え 工夫する子     (知)

大和っ……んき強く やりぬく子        (意)

《めざすべき職員像》

○ 人と共に成長する職員

○ 絶えず研鑚・修養に努める職員

 人の心の痛みがわかる職員

○ 自らの人権意識を高めようとする職員

○ ふるさとが大好きな職員

 

3 経営方針

 すべての児童が、未来に向けて希望と期待を抱き、安心感・安定感のもとに共に学ぶ喜びを味わいながら、学校・地域・保護者が一体となりながら、確かな学力を身につけ、豊かな人間性と心身のたくましさを育む。

(1)児童の安全を確保し、さらに安心して生活できる学校を作る。

(2)確かな学力の定着をめざして授業の改善に努める。


(3)人権・同和教育、道徳教育、読書活動の推進など、「心の教育」を充実する。

(4)職員の協働体制を基盤とする機能的な校内組織を確立し、研修の充実と創意ある教育活動の展開に努める。

(5)今日的な課題や地域の要請に応える特色ある教育課程を編成し、創意工夫を意活かした教育活動の充実に努める。


(6)保護者・地域と連携をはかり、相互の信頼関係の醸成に努め、地域に親しまれ、地域に開かれた学校づくりを行う。


(7)人権・同和教育指定校での取組の成果と課題を活かす。

 

4 本年度の重点

(1)すべての教育活動の基底に人権・同和教育を据える。 

(2)児童の学ぶ意欲を伸ばすとともに、基礎的・基本的事項の確かな定着を図り、学び合い高め合う学習集団を大切にした「わかる授業づくり」を推進する。


(3)児童同士の好ましい人間関係づくり(仲間づくり)に努める。

(4)個々の教育的ニーズに応じた教育を充実させるためにT・T指導体制や通級指導教室等を活かす。

(5)児童理解や教育相談の研修を充実し、全職員の共通理解のもと、支持的風土に満ちた積極的な生徒指導を展開する。

(6)保護者・地域と学校との情報交換に努め、ふるさとの「ひと・もの・こと」を積極的に活用して体験活動を取り入れた教育活動を推進し、地域に開かれた学校づくりを行う。


(7)これまで実践を積み重ねてきた教育活動を見直し、ねらいや教育課程への位置づけの明確化、活動内容の充実等をはかる取組を通して、大和小学校の特色ある教育課程を充実させる。


5 研究主題


  「相手のよさを認め、自分のよさに気づき、
           『こうありたい。』と明日の未来を切り拓く子の育成」
       〜「進路保障」を柱とした人権教育の取組を通して〜