教育目標・研究 Education goal

学校の教育目標

 「ふるさとを愛し 独り立ちの力と 人としての温もりをもった大和っ子の育成」
    江の川の流れのようにたゆみない努力を  芳煙のような高い志と行動を

めざす児童像

  「れもが きいき くわく 大和っ」   なりたい自分を語れる子ども (夢と志)
  だ  だれもが仲良し 優しい子          かかわる他者を大切にする子 (情)
  い  いつも明るい  元気な子          自分を鍛え大切にする子   (体)
  わ  わかるまで考え 工夫する子         学び方を知っている子    (知)
  こ  根気強く    やり抜く子         なれる自分を広げる子    (意)

経営の重点

 全ての子どもが、これから生きていく社会に向けて希望と期待を抱き、安心感・安定感をもとにともに学ぶ喜びを味わいながら、地域・家庭・学校が一体となり、確かな学力を身につけ、独り立ちができる力強い自立・自律の心と、温もりのある豊かな人間性をはぐくむ。
 【中心となる考え】
   進路保障の理念に基づき、地域・家庭・学校の三者で形づくるトライアングルの真ん中に子どもをおいて育てる。
        ○子どもの姿で考える進路保障のとらえ  
        ○日常生活で子どもが分かる。子どもに寄り添う四つの視点
            子どもの必然性が分かる    子どもの願いが分かる 
            子どもの背景が分かる     子どもの当たり前のよさが分かる

⑴ 全ての教育活動の基底に、人権教育・同和教育を据える。
⑵ 児童の安全を確保し、さらに安心して生活できる教育環境をつくる。
⑶ 全ての子どもに、これからの社会を主体的に生きていくための確かな学力の定着をめざして、授業の改善(学力保障)に努める。
⑷ 人権・同和教育、道徳教育、読書活動、体験活動の推進など「心の教育」を充実させる。
⑸ 職員の協働体制を基盤とする機能的な校内組織を確立し、研修の充実と創意ある教育活動の展開に努めるとともに、OJTの視点をもった取組を進める。
⑹ 今日的な課題や地域の要請に応える特色ある教育課程を編成し、創意工夫を生かした教育活動の充実に努める。
⑺ 保護者・地域と連携を図り、相互の信頼関係の醸成に努め、地域に親しまれ、地域に開かれた学校づくりを行う。
⑻ これまでの実践を積み重ねてきた教育活動を見直し、ねらいや教育課程への位置づけの明確化、活動内容の充実等を図る取組を通して、大和小学校の特色ある教育課程を充実させる。