教育目標・研究 Education goal

学校の教育目標

 「ふるさとを愛し 独り立ちの力と 人としての温もりをもった大和っ子の育成」
    江の川の流れのようにたゆみなく  芳煙のような夢と志を

めざす児童像

  「れもが きいき くわく 大和っ」   なりたい自分を語れる子ども   (夢と志)
  だ  だれもが仲良し 優しい子          他人に思いを巡らす子      (情)
  い  いつも明るい  元気な子          自分をだめだと思わない子    (体)
  わ  わかるまで考え 工夫する子         一定の知識・技能の蓄積がある子 (知)
  こ  根気強く    やり抜く子         努力の仕方を知っている子    (意)

経営の方針

 ⑴ 進路保障を推進する。全ての教育活動の基底に、人権教育・同和教育を据える。
        ○日常生活で子どもが分かる。子どもに寄り添う四つの視点
            子どもの必然性が分かる    子どもの願いが分かる 
            子どもの背景が分かる     子どもの当たり前のよさが分かる

 ⑵ 児童の健康及び安心・安全を確保した衛生的な教育環境をつくる。そのための,危機管理体制の維持・向上を図る。
 ⑶ 全ての子どもに、これからの社会を主体的に生きていくための確かな学力の定着と学び方を習得するこをめざして、授業の改善に努める(学力保障)。
 ⑷ 職員の協働体制を基盤とする機能的な校内組織を確立し、研修の充実と創意ある教育活動の展開に努める。その際、OJTの視点をもった取組を進める。
 ⑸ 保護者・地域と連携を図り、相互の信頼関係の醸成に努める。地域に親しまれ、地域に開かれた学校づくりを行う。
 ⑹ 児童にとっての効果的な学習活動のために,備品や教材等の購入に際して適正な予算執行をする。
 ⑺ 職員の進路保障に努める。
 ⑻ これまでの実践を積み重ねてきた教育活動を見直し、ねらいや教育課程への位置づけの明確化、活動内容の充実等を図る。